KAGANHOTEL-新入居者募集要項-(2020年6月13日以降より実施)

  京都を拠点とする若手アーティストが住みながら作品制作ができる滞在型複合施設・KAGANHOTELでは現在、制作スタジオ付き共同住居の入居者を広く募集しています。 この度、入居者募集要項を一新し、これまでの条件に加え、以下の2点の内容で新入居者募集を開始しました。
  入居・内覧希望の方は本ページ最下部の申し込みフォームよりお問い合わせください。

KAGANHOTELとは?
  KAGANHOTELは京都を拠点に活動するアーティストやクリエーターが居住できる共同住居に、ホテル、ホステル、制作スタジオ、ギャラリー、飲食店が併設した複合施設です。若手アーティストが日常的に活躍できる環境づくりと京都の新たなカルチャーの発信を目的としています。

KAGANHOTELホームページ
https://kaganhotel.com/

以下のページより、KAGANHOTEL宿泊フロアの様子がご覧いただけます。
KAGANHOTEL360°ビュー
※360°ビューでは2-3階はご覧になれません。 

A.現代アート作家以外のクリエイターも入居が可能になります。

  入居者のクリエーションカテゴリを現代アートのみから様々なクリエーション活動に広げます。音楽、映像、ファッション、メディアアート、フード、パフォーマンスなど社会に向けて作品をアウトプットする全ての表現者が対象です。
 また、作家のみだけでなくキュレーターやアートプロデュースなどアート業界で働く方々の入居も大歓迎です。

選考提出書類は以下の通りです。

①.作品ポートフォリオの提出(過去1〜3年分

②.ステイトメントの提出(制作活動の背景や作品のコンセプト文)

※作家以外の場合には過去のお仕事やプロジェクトのポートフォリオやステイトメントをご提出ください。

※希望者が多数の場合、アーティストとの協働可能性やKAGANHOTELの設備環境との相性を勘案し、順番に入居のご案内を行います。


B.アーティスト・コレクティブ(複数人)入居に対応します。

 これまでは1人の入居者に対して居室1室及び制作スタジオ1ブースを提供しておりましたが、グループで活動するクリエーターやアーティストに向けて以下のようなプランでの利用方法をご提案します。入居者のクリエーションカテゴリも幅広く対応します。これによりルームシェア(相部屋利用)による居住や、スタジオのみ利用のメンバーとの共同入居が可能となりました。

※上記の表をベースに様々なグループに合わせて柔軟に入居形態を協議できます。

KAGANHOTEL居住フロア案内

共同住居フロアマップ

改装自由な居室(洋室7畳)

共有リビング・キッチン

KAGANHOTEL入居者募集要項

◆募集対象 原則入居時に38歳以下のクリエーター(カテゴリ不問)、原則6ヶ月以上の滞在者

(6ヶ月未満の入居または一般の入居希望者についてはこちらをご覧ください)

◆初期費用   1室あたり 6万円(税別)

◆募集部屋 302号室/305号室/307号室/310号室

◆入居家賃    1室あたり5万円/月(3階住居、地下階スタジオ利用料金を含む)

◆共益費  8,000円/月 一人あたり (水道、ガス、電気、インターネット、使用量や光熱費の値上げによる変動あり)

◆賃貸内容
 個室部分 7畳洋室 12㎡
 共有部分 キッチンリビング 23㎡
 シャワー・トイレ各2台 
 専有スタジオ 5㎡  (天井高3.6m/壁幅3m2m) 
  ※追加料金によりスペース追加可能
 ※洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、トースターは共有設備として付帯
 ※個室のエアコン本体は入居者負担で設置していただく必要がございます

◆募集室数 残り4室

◆契約形態 定期建物賃貸借契約1年 更新制 

KAGANHOTELに入居したら手に入れられる環境


①スタジオ付き住居で24時間制作に打ち込める

河岸ホテルは、現代アートの若手芸術家が共同生活を送りながら作品を生み出すことのできる滞在型複合施設であり、アートに関心のある人々が世界中から集まる場所を目標としています。河岸ホテルの地下1階では24時間使用可能なスタジオを併設しており、材料や作品の搬入搬出をしやすい動線設計となっています。制作中心の生活基盤がここにあります。

地下スタジオ1ブース

②国内外から集まるゲストやアーティストとの交流(2020年6月現在、滞在プログラム調整中)

河岸ホテルでは1週間から借りられる短期レジデンスや1泊から泊まれるドミトリーがあり、様々な滞在期間に適した設備を用意しています。世界各地から招待されるアーティスト滞在プログラムとのコラボレーションなどにより、住むだけで様々な出会いが生まれる場所となる予定です。

③河岸ホテル内で働ける(2020年6月現在、仕事内容を調整中です)

河岸ホテルではホテル事業のオペレーションなど、入居作家に雇用の機会も設けられます。居住をしながら、同施設内で運営スタッフとして関わり、効率的に生活費を稼ぐことも可能です。また、ホテルの受付や接客などは語学の実践の場としても作家活動に有効だと考えています。

④ホテル宿泊者へのプレゼンテーション(2020年6月現在、宿泊を段階的に再開しました)

河岸ホテル最上階の客室には、それぞれの部屋にアート作品を飾るための大きな空間を設けています。宿泊者が一晩、入居作家の作品を1点選択・レンタルすることにより、作品購入の疑似体験ができるように設計しています。日々、訪れるゲストとのコミュニケーションやプレゼンテーションを行うことで、新たなチャンスが生まれるかもしれません。ゲストが作品をスムーズに購入できる仕組みも整備する予定です。

ホテル客室

ホテル客室

⑤1階ギャラリー兼イベントスペースでの展示やイベント開催

 KAGANHOTEL1階はギャラリー、飲食、イベントスペースなどの複合機能を持ったスペースです。入居者は1年のうち最大7日分の1階貸切り利用ができます。コロナ禍の発表方法としてyoutubeライブ配信やアーカイブ映像記録にも対応できるようになりました。

過去のイベント:

2019.10.5 SPEKTRA主催INTER+の様子

井口真理子YouTube個展の様子

⑥その他:生活環境情報

・目の前がクロネコヤマトで集荷出荷が便利
・ホームセンター(コーナンプロ/ケイヨーD2)が近い
・自転車で京都駅まで6分/四条烏丸まで15分
・JR梅小路京都西駅まで徒歩4分/京都駅まで1駅
・梅小路公園が近く、ジョギングなど気分転換に◎


以下のフォームよりご応募・ご質問ください。


    HOME