fbpx

入居アーティスト募集中!

若手アーティストが住みながら創作活動ができる滞在型複合施設・河岸ホテルでは現在、3階の住居フロアに入居する若手アーティストを随時募集しています。
スタッフ一同、ここにしか無い環境を準備して入居希望作家からのお問い合わせをお待ちしています。


 

①スタジオ付き住居で24時間制作に打ち込める環境

河岸ホテルは、現代アートの若手芸術家が共同生活を送りながら作品を生み出すことのできる滞在型複合施設であり、アートに関心のある人々が世界中から集まる場所を目標としています。河岸ホテルの1階、地下1階は24時間使用可能なスタジオを併設しており、入居作家は安価で利用できます。制作中心の生活基盤がここにあります。

工事前の地下スタジオの様子 Photo by : NobufumiHigashi

 

②国内外から集まるゲストやアーティストとの交流

河岸ホテルでは1週間から借りられる短期レジデンスや1泊から泊まれるドミトリーがあり、様々な滞在期間に適した設備を用意しています。世界各地から招待されるアーティスト滞在プログラムとのコラボレーションなどにより、住むだけで様々な出会いが生まれる場所となる予定です。


③河岸ホテル内で働ける

河岸ホテルではホテル事業のオペレーションなど、入居作家に雇用の機会も設けられます。居住をしながら、同施設内で運営スタッフとして関わり、効率的に生活費を稼ぐことも可能です。また、ホテルの受付や接客などは語学の実践の場としても作家活動に有効だと考えています。

 

④ホテル宿泊者へのプレゼンテーション

河岸ホテル最上階の客室には、それぞれの部屋にアート作品を飾るための大きな空間を設けています。宿泊者が一晩、入居作家の作品を1点レンタルすることにより、作品購入の疑似体験ができるように設計しています。日々、訪れるゲストとのコミュニケーションやプレゼンテーションを行うことで、新たなチャンスが生まれるかもしれません。ゲストが作品をスムーズに購入できる仕組みも整備する予定です。 

5階ホテルの客室イメージ

入居者募集について


第1期募集と選考の結果、以下の2名のアーティストの入居が決定しています。

入居決定アーティスト①三保谷将史
https://masashimihotani.com/

入居決定アーティスト②新宅加奈子
https://piyoko-art49.wixsite.com/shintakukanako

 

入居者となる若手現代アート作家の選考アドバイザーとして、現代美術作家であり京都造形芸術大学教授・ARTISTS’ FAIR KYOTOディレクターの椿昇氏、東京藝術大学教授・3331統括ディレクターの中村政人氏、kumagusuku代表の矢津吉隆氏など、現代美術の有識者の方々にご協力頂いています。

 


※秋のオープンに向けて、内装工事が進んでいます。見学をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

費用・その他概要

◆募集対象 原則入居時に38歳以下の現代アート作家
◆初期費用    60,000円(税別)
◆入居家賃    残り1室45000円/月、残り4室55,000円/月(3階住居、地下階スタジオ利用料金を含む)
◆共益費  8,000円/月
(水道、ガス、電気、インターネット、使用量や光熱費の値上げによる変動あり)
◆賃貸内容 個室部分 7畳洋室
      共有部分 キッチンリビング 23㎡
           シャワー・トイレ各2台
※洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、トースターは共有設備として付帯

※個室のエアコン本体は入居者負担で設置していただく必要がございます
◆募集室数 残り5室
◆契約形態 定期建物賃貸借契約1年 更新制
◆その他条件 2019年9-10月の期間内に入居可能であること(以降入居の場合は応相談)


以下のフォームよりご応募・ご質問ください。
家賃の安い部屋は、お申し込み先着順にてご対応します。


 

HOME